デュタステリド(ザガーロ)が効かない原因は?効果はいつから出るの? | 新宿AGAクリニック
デュタステリド(ザガーロ)が効かない原因は?効果はいつから出るの?

デュタステリド(ザガーロ)が効かない原因は?効果はいつから出るの?

 

ザガーロは、2016年の6月に販売が開始されたAGAの新しい治療薬で、有効成分としてデュタステリドが配合されています。


デュタステリドには、従来のAGA治療薬であるプロペシアに配合されているフィナステリドに比べると、1.6倍の発毛効果が期待されています。


しかし、デュタステリドを使用されている方の中には、デュタステリドが効かないという方もいらっしゃるようです。 本記事では、デュタステリド(ザガーロ)が効かない原因や効果がいつから出るのか、という点について、解説します。

ザガーロ(デュタステリド)ってどんな治療薬?

ザガーロは2016年6月に販売が開始された比較的新しいAGAの治療薬です。

デュタステリドという成分の配合されたAGA(男性型脱毛症)の治療薬で従来のAGA治療薬であるフィナステリドを主成分とするプロペシアよりも更に効果が期待できる治療薬です。

ザガーロ(デュタステリド)の効果は?生え際にも効く?

男性に見られる薄毛には、生え際が後退するという特徴や、つむじ周りが薄くなるという特徴があります。 では、ザガーロは生え際にも効くのでしょうか。

DHTの生成を抑制する

ザガーロは、生え際の薄毛にも効果的です。 生え際には、5α-リダクターゼが多く分布しています。


5α-リダクターゼには、男性ホルモンの一種であるテストステロンを、より強力な男性ホルモンであるDHT(ジヒドロテストステロン)へと変化させる働きがあります。 DHTはアンドロゲン受容器と結合し、抜け毛のリスクを高めます。


このため、5α-リダクターゼの働きを抑止すれば、DHTが生成されなくなり、抜け毛のリスクを下げることが期待できるでしょう。 5α-リダクターゼは、前頭部に多く分布しているため、生え際の薄毛を改善することもできるのです。

ヘアサイクルを改善する

正常なヘアサイクルは、以下の通りです。
  • ①成長期2~6年(毛が生えて成長が止まるまでの時期)
  • ②退後期1~2週間(成長が止まり休止期を迎えるまでの時期)
  • ③休止期3~4か月(髪の毛の成長が完全に止まり成長期に向けて準備を行う時期)
      ①から③を一つの毛根で15回から20回程度繰り返します。 AGAが原因でヘアサイクルが乱れると成長過程の毛が抜けてしまい細い毛が増え、やがて薄毛になります。

       

      AGA(男性型脱毛症)は男性ホルモンのテストステロンと深く関わっています。

      男性ホルモンのテストステロンが5αリタクターゼという酵素と結合することでDHT(ジヒドロテストステロン)という男性ホルモンに変換され毛母細胞の成長を抑制し抜け毛を促しヘアサイクルが乱れます。 ザガーロ(デュタステリド)は5αリタクターゼⅠ型とⅡ型の両方を阻害する事が出来る為DHTの生成を抑える効果が高く、ヘアサイクルの乱れを改善し、毛髪の成長を促す効果があり、よりAGA治療に期待できる治療薬です。

      効果はいつから出る?

      ザガーロ(デュタステリド)の効果が現れるのは、利用を開始してからおよそ半年から1年後とされています。 髪の毛には、ヘアサイクルがあり、2年から6年におよぶ成長期と、1、2週間ほどの退行期、そして3ヶ月から4ヶ月ほどの休止期があります。 薄毛が進行すると、このヘアサイクルが乱れ、髪の毛の成長に必要な成長期が短縮されます。 このため、ザガーロを服用することで、ヘアサイクルが正常になると、現在生えている弱くなった髪の毛が抜け落ち、新たに太くて強い髪の毛が生えてくることになります。 髪の毛が成長するためのタイムラグがあるため、ザガーロ(デュタステリド)を服用してすぐに効果が感じられないという方もいらっしゃるのです。

      ザガーロ(デュタステリド)が効かない原因

      では、ザガーロが効かないと感じるのはどのような原因が考えられるでしょうか。 考えられる原因について解説していきます。

      薄毛の原因がAGAではない場合

      AGAが原因で薄毛になっている場合はザガーロで改善が見込めます。

      しかし、病気や皮膚疾患などAGA以外での脱毛症の薄毛にはザガーロで改善はできません。

      薬の用法や容量が守れていない場合 

    薬は決められた量の服用を続けなかった場合や飲み忘れがあった場合、薬の効き目が得られない可能性があります。

    ザガーロは一般的な風邪薬やアレルギー薬と異なり効果が24時間持続するため1日1回の服用で問題ありません。

    しかし1日1回だからこそ決まった時間に服用し飲み忘れないことが重要です。

    服用のタイミングは食前でも食後でも効果は変わりませんが、飲み忘れを防ぐという意味では一般的な風邪薬と同様に食後に飲むのがおすすめです。

    • 服用を短期間でやめてしまった

    ザガーロの服用を短期間でやめてしまった場合、効果を実感できない可能性があります。

    髪の毛にはヘアサイクルがありザガーロを飲んだからといってすぐに髪がフサフサになるわけではありません。

    髪の毛は1日0.3㎜~0.4㎜程伸びます。1か月では1㎝程度しか伸びないのです。

     

    またザガーロ(デュタステリド)の服用開始から2週間~1か月程で初期脱毛が始まり、長い方で3か月程続きます。治療前より抜け毛が増えることから不安で服用を継続する事を心配される方もいらっしゃいますが初期脱毛は薬が効いている証拠です。初期脱毛が起こることで治療前より一時的に毛量の減少がみられます。

    発毛効果が実感できるまで最低半年は継続して服用をおすすめします。

     

    関連記事「AGA治療、やめるとどうなる!?」はこちら

    • ザガーロだけに頼り過ぎている

    ザガーロはAGAの治療薬において高い発毛効果が期待されています。しかし、ザガーロさえ服用していれば何も気にしなくて良いというわけではありません。

    ザガーロを服用していたとしても、暴飲暴食、睡眠不足などストレスフルな生活を送っていると髪の毛が増えるよりも抜けるペースが早くなってしまいます。

    ザガーロの服用だけでなく食生活や生活習慣の見直しも重要です。

    ザガーロの効果を高める方法

    ザガーロにはプロペシアよりも高い発毛効果が期待できますが更にザガーロの効果を高める為の方法を紹介致します。

    • ミノキシジルの併用

    ミノキシジルは血管を拡張させ血流を促し、髪の成長に必要な栄養を毛母細胞に届けることで発毛効果が期待できます。

    ザガーロは薄毛の進行を抑え、ヘアサイクルを正常な状態に戻すことにより発毛効果があるといえますが、ミノキシジルの様に毛母細胞に直接働きかけ発毛を促す事は出来ない為、効果には限界があります。

    ザガーロで薄毛の進行を抑え、ミノキシジルで発毛を促進することでより高い発毛効果が期待できます。

    • 生活習慣の見直し

    ザガーロの効果を高める為には食生活や生活習慣の見直しも大切です。

    食生活の見直し

    食事は髪の毛の原料です。脂質や糖分、塩分などの過剰摂取は控え、たんぱく質やビタミン、ミネラルなど積極的に摂取しましょう。バランスの良い食事を心がけ適度な運動を心がけることが大切です。

     

    関連記事「薄毛治療と同時に生活習慣を見直しましょう」はこちら

    禁煙

    たばこの量は出来る限り減らしましょう。たばこは血管を収縮させ必要な栄養が髪に届き辛くなります。

    良質な睡眠習慣

    良質な眠りをとりましょう。睡眠中に髪の毛の成長を促すホルモンが分泌されます。

    最低でも6時間は睡眠をとる事が大切です。

    専門医に相談する

    ザガーロの効果を高めるためには、薄毛治療の専門医に相談すると良いでしょう。 AGAの主な原因は、遺伝的な形質を親から受け継ぐことですが、その他にもたくさんのリスクファクターが存在しています。


    AGAの治療自体は、皮膚科でも行っていますが、皮膚科では治療薬についての説明はあるものの、AGAの改善には特化していません。 AGA治療専門のクリニックでは、AGA治療に特化した医師が在籍しています。 このため、効果的なAGA治療が受けられるだけでなく、AGAを改善するための具体的なアドバイスが受けられます。

    AGA治療薬についてのご相談は

    ザガーロを始めとしたAGA治療薬の利用を検討されている方は、新宿AGAクリニックまでご相談ください。 ザガーロの有効成分であるデュタステリドには、抜け毛の原因となる5α-リダクターゼの働きを阻害し、DHTの産生を抑止する効果が期待されています。


    ただし、ザガーロは医師の指導の下で正しく使用しないと、効果を十分に発揮することができません。 新宿AGAクリニックでは、ザガーロの服用方法だけでなく、AGAを改善するためのアドバイスも行っております。


    まずは、無料カウンセリングで、お気軽にお問い合わせください。


    カウンセリングのご予約はこちらから



    【監修者】

    大藪顕(新宿AGAクリニック院長)

    経歴

    平成14年 大阪医科大学卒業

    平成14年 大阪医科大学形成外科

    平成16年 城山病院形成外科・美容外科

    平成17年 大阪医科大学救急医療部(形成外科より出向)

    平成18年 大手美容外科形成外科部長

    多数の美容外科、形成外科で毛髪治療、植毛治療を経験

    平成28年 新宿AGAクリニック院長

    資格

    日本美容外科学会専門医、日本麻酔科学会認定医、麻酔科標傍医、日本レーザー医学会認定医


      |