円形脱毛症の原因とは?どんな治療法があるの?

円形脱毛症の原因とは?どんな治療法があるの?

円形脱毛症はある日突然頭髪の一部や複数の箇所で脱毛する症状です。

円形脱毛症は男女関係無く、子供から大人まで性別、年齢関係無く発症する可能性があります。

 

円形脱毛症を発症すると急激に抜け毛が増える事で元に戻るかとても不安になってしまうと思います。

今回は円形脱毛症の原因と治療方法についてご紹介致します。

円形脱毛症の原因

円形脱毛症を招く原因にはどのようなことがあげられるのでしょうか。

原因として考えられる代表的なものをご紹介します。

自己免疫疾患

円形脱毛症は医学が発達した現在もはっきりした原因が分かっていません。

 

しかし、そのメカニズムから免疫系に異常が生じ、本来であれば身体を守るはずの白血球によって毛包が攻撃される『自己免疫疾患』の一種だと考えられています。

ストレス

円形脱毛症はかつてストレスが原因と考えられていましたがストレスによって円形脱毛症が発症するという科学的データはありません。

 

しかし、過度なストレスは円形脱毛症の原因として有力視されている自己免疫疾患の引き金になることがあります。

普段からストレスを溜め過ぎないようにストレス発散方法を見つけましょう。

円形脱毛症の種類

円形脱毛症と一口に言っても、その進行の仕方などによって様々な種類があります。

ここでは円形脱毛症の種類について説明致します。

単発型・多発型

頭皮に円形や楕円形の脱毛斑が1つだけできる症状を「単発型円形脱毛症」と言います。

 

単発型は放っておいて治るケースもありますが脱毛斑が広がって大きくなる場合や脱毛部位が増える「多発型円形脱毛症」になるケースもあります。また脱毛斑どうしが広がる事で頭部全体にまだら模様に広がるケースもあります。

 

いきなり多発型の円形脱毛症になる事もありますが単発型の円形脱毛症から多発型の円形脱毛症に移行する場合もあります。

 

抜け毛の範囲が広ければ広い程、治療に要する期間も長くなります。

全頭型

多発型から症状が進み頭部全体の毛髪がすべて抜け落ちてしまうタイプの円形脱毛症を「全頭型脱毛症」といいます。抜け毛の範囲が頭全体の25%を超えた場合、重症の円形脱毛症と診断されます。

 

非常に治りにくいケースが多く長期に渡って治療を行う必要があります。

汎発型(はんぱつがた)

汎発型脱毛症は、抜け毛の範囲が全身に及ぶのが特徴です。

円毛脱毛症の中でももっとも重症例であり治療が長期に渡り、円形脱毛症の中でももっとも難治療とされています。

一般的な円形脱毛症の治療法

では、円形脱毛症の治療にはどのような方法があるのでしょうか。

一般的な円形脱毛症の治療について解説します。

局所免疫療法

日本皮膚科学会によって「円形脱毛症のガイドライン」が策定されておりその中でもっとも治療効果が高いとして局所免疫療法があげられております。

 

局所免疫療法は別名でかぶれ療法と呼ばれており感作まで毎回かぶれが起き、人によっては痒みがかなり強く出てしまいます。

 

治療回数も非常に多くなる傾向があり、合併症の為治療が途中で中断されることもあります。

優れた治療法ですが患者様の負担が大きく重症の円形脱毛症に対してのみ適用になります。

 

関連記事「円形脱毛症ガイドラインについて」はこちらから

ステロイド局所注射

外用薬にも用いられるステロイドを頭皮に直接注射器で注入する治療法です。

頭皮下に直接注射する為外用薬より高い効果が期待できます。

 

しかし、注射をしていない部分には効果が無い為広範囲に円形脱毛症の症状が出ている場合、ステロイド局所注射は向いていません。

 

また副作用としてステロイドを注射した部分がへこみを起こす場合や、多量のステロイドが投与されるとステロイド内服と同じような副作用も起こる可能性があります。

注射での治療となる為強い痛みが生じます。

当院の円形脱毛症の治療法

新宿AGAクリニックオリジナルサプリメントの成分

当院ではオリジナルメソッドによる効果の高い独自治療を確立しております。

メソセラピー局所免疫療法

当院院長が発見した日本初の治療法です。

 

当院では痛みの少ない特殊な針を用いて脱毛箇所に軽度の炎症を起こさせながら薬を注入します。

最新の治療法の為研究もまだ行われていませんが、かなりの成績を収めております。

従来の治療方法より副作用も少なく、円形脱毛症の治癒率は圧倒的に高いと思われます。

 

また、円形脱毛症の初期から治療を行う事で重症化を防ぐことができる可能性があり、円形脱毛症の予後を変える可能性も秘めていると考えております。

 

関連記事「急激に悪化する円形脱毛症って治る?その効果的な治療法について」はこちらから

ステロイドの内服薬治療はおこなわない

一般的な円形脱毛症の治療法はステロイド製剤の内服薬と外用薬です。

円形脱毛症の程度が重い場合ステロイド製剤の内服が推奨されるケースもありますが当院ではステロイド製剤の内服は一切行っていません。

 

重症の円形脱毛症を治療する場合ステロイド製剤の内服が長期的に行われる事となり、

長期的にステロイドの内服を使用した場合、高血圧や糖尿病のリスクが高くなる恐れがある為、当院では円形脱毛症の治療にはステロイド内服薬は行いません。

ステロイドの外用薬治療をおこなう

円形脱毛症の治療で最もポピュラーな治療法です。

ステロイドを配合した治療薬で皮膚の炎症を鎮め、赤味や腫れかゆみを抑える働きがあります。

抗アレルギー剤の内服をおこなう

円形脱毛症は自己免疫疾患によって起こると考えられる為、免疫を抑えるための抗アレルギー剤を用いることがあります。

ミノキシジル内服と外用薬おこなう

発毛を促す有効成分であるミノキシジルの内服薬と外用薬があります。

当院の円形脱毛症治療についてはこちらもご参照ください

まとめ

当院ではAGAや女性の薄毛治療だけではなく円形脱毛症の治療も専門としています。

 

円形脱毛症は放置していても自然に治る可能性は低く放置期間が長い場合は治療期間が長くかかってしまう場合もあるため専門医に受診することをおすすめします。

 

特に多発型や全頭型になると完治するまでに数年かかる場合もあります。

円形脱毛症でお悩みの方はぜひお気軽にご相談ください。

カウンセリングのご予約はこちらから

  |