AGAは遺伝するのか?

AGAは遺伝するのか?

両親がハゲ家系だと、自分もそうなのではないか?と非常に心配される方がおられます。

薄毛はどういった形で遺伝してするのでしょうか?真相に迫ります!

アンドロゲンレセプターの感受性の遺伝について。

アンドロゲンレセプターとは毛根に存在します。

それが男性ホルモンの変異物質であるジヒドロテストステロンと結合することにより、毛髪のサイクルを狂わせてしまい薄毛を発症してしまいます。そのアンドロゲンレセプターの影響の受けやすさ(感受性)は薄毛の進行のしやすさの大きな指標となります。

 

アンドロゲンレセプターの感受性は性染色体のX遺伝子に存在します。

男性の場合は、父方からのY遺伝子と母方からのX遺伝子を受け継いでいますので、母方の家系より受け継ぐことになります。

女性の場合は、父方からのX遺伝子、母方からのX遺伝子を受け継ぐことになりますので、どちらの家系からも受け継ぐことになります。

5αリダクターゼ(還元酵素)の活性の遺伝について。

5αリダクターゼ(還元酵素)は男性ホルモン(テストステロン)を薄毛の悪玉ホルモンであるジヒドロテストステロンに変化させる酵素です。この活性が高いと薄毛を引き起こします。

5αリダクターゼ(還元酵素)の活性をブロックするのがプロペシアなどの薄毛治療薬です。

 

5αリダクターゼ(還元酵素)の活性は「優性遺伝」すると言われています。

優性遺伝とは、母方、父方のどちらかにあれば遺伝する可能性が高いものです。

遺伝がすべてではない!?

薄毛は上記の2項目の遺伝が大きくかかわっていることがわかっていますが、それだけではありません。

環境因子も大きく作用します。

トレス、食生活、生活習慣などです。それらのケアで薄毛の発症を遅らせることもできます。

遺伝的体質を持っていても心配することはありません。

アンドロゲンレセプターの感受性が高くても、5αリダクターゼ(還元酵素)の活性が高くても遺伝的体質は変えることができません。

 

しかし、現在は5αリダクターゼ(還元酵素)を相当な割合でブロックすることができる薬剤も開発されていますし、それ以上に発毛効果のある施術などを行えばリカバーは十分可能です。

遺伝子検査はしたほうがいいのか?

新宿AGAクリニックではアンドロゲンレセプターの感受性遺伝子検査を行っております。

もちろん検査を行ったところで、遺伝的体質を変えることができるわけではありません。しかし、現状を把握することにより、今後の治療計画も立てやすくなりますし、治療結果の展望もある程度推測することができます。

 

遺伝子は変わることがありませんので、一回行っていただければ二度と行う必要はありませんので、ご興味ある方はお問い合わせください。

 


  |