ジヒドロテストステロンを抑える方法!効果的な食べ物についても解説 | 新宿AGAクリニック
ジヒドロテストステロンを抑える方法!効果的な食べ物についても解説

ジヒドロテストステロンを抑える方法!効果的な食べ物についても解説

ジヒドロテストステロン 抑える


男性に多く見られる脱毛症であるAGA(男性型脱毛症)には、男性ホルモンの一種である、ジヒドロテストステロンの産生が深く関わっています。 このため、ジヒドロテストステロンの産生を抑えることによって、AGAの発症リスクを低下させたり、進行を遅らせたりすることが期待できます。


この記事では、ジヒドロテストステロンの産生を抑える方法について解説します。

ジヒドロテストステロンとは?

まず、ジヒドロテストステロンがどのようなものなのか解説します。

男性ホルモンの一種である

男性ホルモンには、テストステロンやデヒドロエピアンドロステロンなどがありますが、その内の95%をテストステロンが占めています。


テストステロンは男性の精巣で作られますが、体内に存在している酵素の一種、5α-リダクターゼの働きによって、ジヒドロテストステロン(DHT)へと変化することが分かっています。

男児の外生殖器を発達させる働きがある

ジヒドロテストステロンは男児の外生殖器を成長させるために欠かせないホルモンとしても知られています。 身体にとって必要なホルモンでもあるため、体に悪いホルモンとは言い切れないでしょう。

薄毛の原因になる

ジヒドロテストステロンは、薄毛の原因になるとされています。 髪の毛の成長には、ヘアサイクルが関係していますが、その中に成長期という髪の毛が成長する時期があります。


この成長期を短くしてしまう原因になるのが、ジヒドロテストステロンです。 このため、ジヒドロテストステロンは薄毛の原因とされているのです。

 

【関連記事】肩こりの人は薄毛になりやすい?

ジヒドロテストステロンが増える原因

ジヒドロテストステロンは、AGAを引き起こすリスクファクターとなっています。


では、なぜジヒドロテストステロンの産生量が増加してしまうのでしょうか。 この原因として、以下のようなことが考えられます。

ホルモンバランスの乱れ

ジヒドロテストステロンの産生量が増加する原因として、ホルモンバランスの乱れが挙げられます。 何らかの原因によって、ホルモンバランスが乱れると、テストステロンの分泌量が増加します。


テストステロンは、ジヒドロテストステロンの前駆体のような物質であるため、テストステロンの分泌量が増加すると、ジヒドロテストステロンを産生するリスクも高くなるのです。

喫煙

中年男性の喫煙習慣と、ホルモンとの関係を調べた研究によると、喫煙習慣のある方は、喫煙習慣のない方と比べ、ジヒドロテストステロンの産生量が、14%多いことが分かっています。


このため、タバコは、薄毛の原因になる可能性があることを知っておきましょう。


参考:https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/7962322/

運動不足

運動不足も、ジヒドロテストステロンの量を増加させることが分かっています。 体内で産生されたジヒドロテストステロンは、汗や尿から体外へと排出される特徴があります。


ところが、運動不足に陥ってしまうと、汗をかく機会が減少するため、体内にジヒドロテストステロンが取り残されてしまいます。 また、普段から身体を動かす習慣がない場合、水分の摂取量も減少しがちです。


水分の摂取量が減少すれば、腎臓で作られる尿の量も減少します。 これにより、ジヒドロテストステロンが体外へと排出されなくなり、体内へ留まってしまうのです。

ジヒドロテストステロンが与える影響

ジヒドロテストステロンには男児の外生殖器を成長させる機能があるなど、大事な働きがあります。 また、ジヒドロテストステロンには抗不安作用もあり、やる気を引き起こす時に重要な働きをするという研究もあります。


しかし、思春期以降にジヒドロテストステロンが必要以上に産生された場合、次のようなデメリットをもたらすことも分かっています。

 

参考:https://academic.oup.com/endo/article/151/12/5795/2456280?login=true

AGAを進行させる

ジヒドロテストステロンの増加は、AGAを進行させる可能性を高めます。 AGAは、男性型脱毛症とも呼ばれており、男性にみられる薄毛の大部分をAGAが占めるとされています。


ジヒドロテストステロンとアンドロゲンレセプター(男性ホルモン受容器)が結合すると、TGF-β(トランスフォーミング増殖因子β)と呼ばれる有害なサイトカインを産生します。 TGF-βは、正常なヘアサイクルを乱し、抜け毛のリスクを高めるとされています。


正常なヘアサイクルは、髪の毛の成長期が大部分を占めており、その後、2週間から3週間の髪の毛の退行期、および数ヶ月間の髪の毛の休止期が訪れます。 ヘアサイクルは生涯に20度から40度ほど繰り返すとされていますが、TGF-βによって髪の毛の成長が短縮されると、生涯に繰り返されるヘアサイクルが早く終了してしまい、薄毛のリスクを高めることになります。 このように、ジヒドロテストステロンとアンドロゲンレセプターが結合し、TGF-βが産生されることで、徐々にAGAの症状が進行していくのです。

頭皮トラブルを引き起こす

ジヒドロテストステロンには、皮脂の分泌量を増す働きもあります。 思春期以降に吹き出物ができるのも、ジヒドロテストステロンが関与していると考えられています。 頭皮は身体の中でもっとも皮脂の分泌量が多い箇所です。


皮脂やフケ、汚れなどが絡み合い、毛穴が詰まると、頭皮に炎症を起こし、頭皮環境を悪化させます。 頭皮環境が悪化すると、脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)を始めとした皮膚疾患や、それに伴う抜け毛など、頭皮トラブルのリスクを高めることになります。

ジヒドロテストステロンを抑える方法とは?

思春期以降になってもジヒドロテストステロンが大量に産生されると、AGAの進行を早め、頭皮トラブルを引き起こす可能性が高くなります。 そこで、ジヒドロテストステロンの産生を抑える方法をご紹介します。

食生活を改善する

ジヒドロテストステロンの産生を抑える方法として、食生活を改善することが大切です。


大切なのは、5α-リダクターゼの働きを抑えることと、ホルモンバランスを整えることです。

ジヒドロテストステロンを抑える食べ物

ジヒドロテストステロンの産生を抑える食べ物としては、イソフラボンが含まれている大豆製品や、亜鉛を多く含む食品などが挙げられます。 ・イソフラボン イソフラボンには、女性ホルモンの一種であるエストロゲンと似た働きがあることで知られています。


男性の体内でも、女性ホルモンが分泌されていますが、イソフラボンを摂取することによって、女性ホルモンと似た働きを得ることが期待できます。 体内における女性ホルモンの量が増加すると、相対的に男性ホルモンであるテストステロンの量が減少します。 これにより、ジヒドロテストステロンの産生を抑えることに繋がります。 ・亜鉛 必須ミネラルの一種である亜鉛には、5α-リダクターゼの働きを阻害する作用があります。


また、体内に吸収されたアミノ酸を再合成し、髪の毛へと作り替えることも亜鉛の重要な働きです。 このため、AGAを予防したり改善したりする上で、亜鉛を摂取することが推奨されています。

禁煙する

先述した通り、喫煙者の体内ではタバコを吸わない方に比べて、ジヒドロテストステロンの産生量が1.4倍になるとの研究結果が出ています。 このため、ジヒドロテストステロンの産生を抑えるためには禁煙することが大切です。


また、タバコにはジヒドロテストステロンの産生量を増やすだけでなく、毛細血管を収縮させる作用もあります。 髪の毛は毛母細胞が毛細血管から栄養を受け取ることで成長するため、喫煙によって毛細血管の流れが悪くなると、髪の毛の成長にも悪影響を与えます。

AGAの専門クリニックを受診する

ジヒドロテストステロンの産生を抑えたい方は、AGA治療専門のクリニックを受診すると良いでしょう。


AGA専門のクリニックでは、5α-リダクターゼの働きを阻害するプロペシアやザガーロといった治療薬を用いて、AGAの改善や進行の抑制をすることが可能です。 プロペシアの有効成分であるフィナステリドや、ザガーロの有効成分であるデュタステリドには、5α-リダクターゼの働きを阻害し、発毛を促進する効果があると、厚生労働省によって認可されています。

 

【関連記事】薄毛に特化しているのはサロン!?それともクリニック!?どこに行ったらいいの?

AGAの治療を行いたい方は

ジヒドロテストステロンは、AGAを発症する原因となるため、産生を抑えることが大切です。 AGAは進行型の脱毛症でもあるため、早期に治療を開始することが非常に重要です。


新宿AGAクリニックでは、ジヒドロテストステロンの産生を抑止する治療薬を活用し、抜け毛の予防や発毛の促進を行っています。 また、新宿AGAクリニックでは男性の薄毛だけでなく、女性の薄毛や円形脱毛症といった、脱毛症全般も取り扱っております。


このため、患者様それぞれの抜け毛や薄毛の原因を明確にし、原因に合わせた適切な治療を行うことが可能です。 無料カウンセリングも行っておりますので、薄毛やAGAが気になっている方はお気軽にご相談ください。

 

カウンセリングのご予約はこちらから

 

 

【監修者】

大藪顕(新宿AGAクリニック院長)

経歴

平成14年 大阪医科大学卒業

平成14年 大阪医科大学形成外科

平成16年 城山病院形成外科・美容外科

平成17年 大阪医科大学救急医療部(形成外科より出向)

平成18年 大手美容外科形成外科部長

多数の美容外科、形成外科で毛髪治療、植毛治療を経験

平成28年 新宿AGAクリニック院長

資格

日本美容外科学会専門医、日本麻酔科学会認定医、麻酔科標傍医、日本レーザー医学会認定医


  |