つむじがかゆくなる7つの原因を解説|対処法や薄毛との関係も解説 | 新宿AGAクリニック
つむじがかゆくなる7つの原因を解説|対処法や薄毛との関係も解説

つむじがかゆくなる7つの原因を解説|対処法や薄毛との関係も解説

気が付いたら無意識につむじを掻いていたという経験はありませんか。つむじが痒いとストレスになるだけでなく、悪化すると痒み以外のトラブルに繋がる可能性もあります。

 

毎日ちゃんとシャンプーしているのにつむじが痒くなると、なぜか原因が分からないこともあるのではないでしょうか。

 

今回の記事ではつむじが痒くなる7つの原因および、痒み対策について紹介しています。つむじが痒いと感じており、原因と対策を知りたい方は、ぜひ参考になさって下さい。

つむじが痒くなる7つの原因

それでは早速ですが、つむじが痒くなる原因について見ていきましょう。つむじが痒くなる原因としては、以下の7つのケースが挙げられます。

ヘアケア商品のアレルギー症状

つむじが痒くなる原因としては、シャンプーやコンディショナー、ヘアカラーなどのヘアケア商品によるアレルギー反応が挙げられます。

 

洗髪後につむじの痒みが見られるのであれば、シャンプーやコンディショナーが肌質に合っていないのかもしれません。特にアトピー性皮膚炎を持っている方の場合は刺激の強いシャンプーによって、アレルギー反応が出やすくなります。

 

ヘアケア商品は毎日のように使うものなので、自分の肌質に合った商品を選ぶことが重要です。

肌の乾燥

つむじが痒くなる原因としては、頭皮の乾燥も挙げられます。冬になると手がカサカサして、痒くなるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

頭皮も同様で、乾燥することで痒くなりやすいのです。

 

また、頭皮の乾燥に伴ってフケの量が増えた場合にフケが毛穴に詰まって炎症を起こし、つむじの痒みを引き起こす可能性もあります。

脂漏性皮膚炎

脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)を発症した場合、つむじに痒みが見られやすくなります。脂漏性皮膚炎は炎症性の皮膚疾患です。発症すると皮膚の赤みや痒みなどを生じるのが特徴です。

 

脂漏性皮膚炎は、皮脂の分泌量が多い箇所であればどこでも発症する可能性があります。頭皮は身体の中でも皮脂の分泌量が多い箇所であるため、脂漏性皮膚炎を発症するリスクが高くなっています。

汗疹・あせも

つむじが痒くなる原因としては、汗疹(あせも)も挙げられます。夏場に大量の汗をかいたときに、皮膚が痒くなった経験をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

大量にかいた汗とフケ、ホコリなどが混じり合うと汗腺を塞ぐことがあります。汗腺が塞がれると汗を排出する機能が低下し、汗疹(あせも)が出来ます。

 

その結果、つむじまわりの痒みを引き起こす結果となるのです。

頭皮ニキビ・かさぶた

痒みがある箇所に触った時に膨らみや痛みが感じられる場合、頭皮ニキビを発症している可能性があります。

 

頭皮ニキビは過剰に分泌された皮脂がフケやホコリと混じり合い、毛穴に詰まることで生じます。詰まった毛穴では炎症が起こるため、つむじの痒みを引き起こすリスクが高くなるのです。

 

また、ニキビを掻きむしることによってできた傷がかさぶたになり、つむじの痒みに繋がることもあります。

アタマジラミ

つむじが痒くなる原因としては、アタマジラミの存在も挙げられます。アタマジラミが頭皮の毛細血管から血を吸うことで、患部に炎症を起こし痒みが生じます。

 

アタマジラミは、集団生活する幼児や児童に多く見られます。8歳以下の子どもがつむじの痒みを訴える場合、アタマジラミの可能性も疑われます。

 

もちろん、子どもから親へと感染する可能性もあります。

更年期症状

更年期症状の1つとして、つむじの痒みが見られることもあります。更年期に入るとホルモンバランスの乱れによって、頭皮の乾燥が起こりやすくなります。

 

また、年齢とともに皮脂の分泌量が低下し、肌のバリア機能も低下します。その結果、外部からの刺激に過敏に反応し、つむじの痒みを引き起こしやすくなります。

つむじのかゆみは薄毛につながる可能性も

つむじの痒みは、放置すると薄毛に繋がる可能性もあります。薄毛は男性だけでなく、女性にとってもデリケートなお悩みとなっています。

 

薄毛や抜け毛が起こるのは、つむじの痒みが原因かもしれません。次のような症状が見られる場合は要注意です。

頭皮にかゆみ・赤みがある

頭皮に痒みや赤みがあるからと言って、それが直ちに薄毛へと繋がる訳ではありません。ですが、頭皮に赤みや痒みが出ているということは頭皮環境が悪化しているというサインでもあります。

 

頭皮環境を悪化させている原因を取り除かないと、頭皮の赤みや痒みが改善しないのはもちろんのこと、薄毛になる可能性も取り除かれません。

フケが出る

つむじの痒みにともなってフケが目立つような場合、薄毛に繋がる可能性があります。

 

フケには乾性フケと脂性フケの2種類があります。乾性フケは粒が小さく、白くてカサカサしています。脂性フケは粒が大きく、黄色っぽくてベタベタしています。

 

いずれのフケも汗やホコリ、皮脂などと混じり合い、毛穴を塞ぐことがあります。その結果、毛穴に炎症を起こし、痒みが出るだけでなく、髪の毛の成長にも悪影響を及ぼす結果となります。

つむじのかゆみ対策

つむじの痒みがあるとストレスを感じるだけでなく、薄毛に繋がる可能性もあります。そのため、なるべく早めにつむじの痒みおよびその原因を取り除くことが重要です。

 

つむじの痒み対策としては、次のような方法が挙げられます。

正しくヘアケアする

つむじの痒みが起こる原因としては、ヘアケア商品が肌質に合っていないことや、ヘアケアのやり方を間違っていることが挙げられます。洗髪後につむじの痒みがあるような場合、次のようなことに気を付けましょう。

頭皮に優しいシャンプーを使用する

毎日の洗髪後につむじの痒みが見られるような場合、シャンプーを頭皮に優しいものへ替えてみましょう。市販のアルコール系シャンプーなどには洗浄力を高めるため、頭皮や髪の毛にとって有害な成分が含まれていることも少なくありません。

 

育毛用シャンプーや薬用シャンプーなどアミノ酸系のシャンプーにすると、頭皮へのダメージを抑えることが期待できます。

シャンプーやリンスはきちんとすすぐ

シャンプーやリンスをした後は、しっかりとすすいで洗い流すことも重要です。シャンプーやリンスが頭皮に残っていると、毛穴に詰まり、炎症を引き起こすことに繋がります。

 

ただし、あまりに熱いお湯で頭皮を洗うことは避けましょう。お湯が熱すぎると、頭皮を守るべき皮脂まで洗い流し、頭皮のバリア機能が損なわれます。38℃くらいのぬるま湯で、シャンプーやリンスをしっかりと洗い流しましょう。

長時間ドライヤーしない

髪の毛を洗った後は、基本的にドライヤーで乾かすことが重要です。髪の毛や頭皮が濡れた状態を続けると、切れ毛のリスクが高くなるだけでなく細菌繁殖の温床となるからです。

 

しかし、あまりにも長時間ドライヤーをかけていると、頭皮が乾きすぎてしまいます。頭皮の乾燥もつむじの痒みを招くため、ドライヤーをかける時間は必要最低限に留めましょう。

生活習慣の改善

つむじの痒みへの対策としては、生活習慣の改善も挙げられます。

 

例えば、脂っこい食べ物を好んで食べていると皮脂の分泌量増大に伴い、脂漏性皮膚炎を発症するリスクが高くなります。また、日常の食事にビタミンB2やB6が足りていないと、ターンオーバーが乱れフケが発生する原因となることも分かっています。

 

日頃から積極的にフレッシュな野菜や果物、お肉や魚をバランスよく摂取するよう心がけましょう。

市販薬を使用する

我慢できないほどの痒みがある場合や、無意識に頭皮を引っ掻いてしまうような場合、市販薬を使用するという方法もあります。

 

かゆみに効く成分としては、クロルフェニラミンなどの抗ヒスタミン成分や、クロタミトンなどの鎮痒成分などが挙げられています。

専門の医療機関で治療を受ける

一口につむじの痒みといっても、人によって原因は実に様々です。そのため、自分で行う対策には限界があります。上記のような方法で痒みが改善しない場合、専門の医療機関を受診するのが第一です。

 

痒みを我慢していると無意識に頭皮を引っ掻くこともあるだけでなく、薄毛に繋がる可能性もあります。そのため、なるべく早めに専門医に見てもらい、痒みの原因を特定することが重要です。

AGA治療に関するご相談なら

つむじの痒みを引き起こす原因は実に様々です。しかし、共通して言えることの1つが、頭皮に何らかのトラブルを引き起こしているという点です。

 

頭皮のトラブルが続くと、薄毛に繋がる可能性もあるため注意が必要です。痒みが一時的なものであればそれほど心配する必要はありませんが、長く続くようであれば、一度専門医に見てもらった方が良いでしょう。

 

頭皮の痒みだけであれば皮膚科を受診すると良いのですが、痒みに伴なって抜け毛も見られる場合は、薄毛治療専門のクリニックに相談することが重要です。

 

新宿AGAクリニックでは、髪の毛や頭皮に関するあらゆるお悩みにお応えしています。カウンセリングは無料で行っていますので、つむじの痒みや抜け毛が気になる場合、なんでもお気軽にご相談下さい。

 

>無料カウンセリングのご予約はこちらから

 

 

【監修者】

大藪顕(新宿AGAクリニック院長)

経歴

平成14年 大阪医科大学卒業

平成14年 大阪医科大学形成外科

平成16年 城山病院形成外科・美容外科

平成17年 大阪医科大学救急医療部(形成外科より出向)

平成18年 大手美容外科形成外科部長

多数の美容外科、形成外科で毛髪治療、植毛治療を経験

平成28年 新宿AGAクリニック院長

資格

日本美容外科学会専門医、日本麻酔科学会認定医、麻酔科標傍医、日本レーザー医学会認定医

 


  |