ヘルメットを被るとはげるのは嘘?薄毛を防ぐための有効な対策をご紹介 | 新宿AGAクリニック
ヘルメットを被るとはげるのは嘘?薄毛を防ぐための有効な対策をご紹介

ヘルメットを被るとはげるのは嘘?薄毛を防ぐための有効な対策をご紹介

ヘルメット はげる


バイクに乗られる方や、工場で勤務されている方の中には、ヘルメットを被っているとはげると聞いたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。では、ヘルメットを被ることで、はげる可能性はあるのでしょうか。


今回は、ヘルメットを被ることではげるのか、またどのような対策をする必要があるのか、解説します。

ヘルメットを被るとはげるのは嘘?

ヘルメットを被るとはげるという話を聞いたことがある方も多いでしょう。 実際に、ヘルメットを被ることで、はげになる可能性が高まることはあるのでしょうか。

脱毛症を引き起こす可能性は低い

脱毛症を引き起こす原因は、生活習慣や遺伝など様々です。 しかし、ヘルメットを被ることで脱毛症を引き起こす可能性は低いでしょう。


特に、脱毛症として多くみられるAGAは、男性ホルモンに起因する遺伝性の脱毛症です。 このため、ヘルメットを被っていたからといって、直接的に脱毛症を引き起こす可能性は低いと言えるでしょう。


【関連記事】脱毛症には種類があるの??

頭皮環境が乱れる原因になることはある

ヘルメットを被ることで、直接的な原因にはなる可能性は低いですが、頭皮環境が乱れる原因となることがあります。


長時間、ヘルメットを被っていたり、頭皮が摩擦によって負担がかかっていたりすると、頭皮環境が乱れてしまうリスクが高まります。 頭皮への継続的な負担によって頭皮環境が乱れた場合、結果として薄毛に繋がる可能性はあることは否定できないでしょう。

ヘルメットによってはげるリスクとは

男性にみられるはげや薄毛の大半がAGAの発症によるものですが、それ以外にも、はげや薄毛を引き起こす要因はたくさんあります。 では、ヘルメットを被ることが、どのようにはげや薄毛のリスクに繋がるのでしょうか。

頭皮が蒸れる

ヘルメットがはげのリスクを高める要因の一つは、ヘルメットを長時間に渡って被り続けることによって頭皮が蒸れることです。 通常の帽子とは異なり、ヘルメットは頭部を外部の衝撃から守るため、クッション素材などが用いられているため、厚みがあり蒸れやすい構造となっているものも多いです。


また、工事現場で働いているような場合、蒸れたからといって容易に着脱することができないケースもあるでしょう。 このため、夏だけでなく、空気が乾燥する冬であっても頭皮が蒸れてしまうことがあります。


頭皮が蒸れると、汗と皮脂が混じりあって頭部全体に広がります。 その後、汗が乾くと皮脂だけが頭皮に残され、毛穴を塞ぐリスクが高まります。その結果、頭皮の炎症や抜け毛を引き起こす可能性が増すのです。

頭皮に菌が増殖する

ヘルメットを長時間被っていると、頭皮に菌が繁殖するリスクが高まります。細菌は湿った環境を好むため、蒸れた状態では繁殖しやすくなります。


皮膚には、常在菌と呼ばれる細菌が棲みついており、皮膚への病原菌の侵入を抑止したり、皮膚のバリア機能を保ってくれたりしています。 ところが、特定の常在菌が過剰に繁殖すると、皮膚トラブルを引き起こしやすくなります。


特に、マラセチアと呼ばれる真菌の一種が異常に繁殖すると、脂漏性皮膚炎を発症する可能性が高まります。 脂漏性皮膚炎は、皮脂の多い箇所であればどこでも発症する可能性があるのですが、頭皮は特に皮脂の分泌量が多い箇所なので、脂漏性皮膚炎を発症しやすいのです。 そして、脂漏性皮膚炎と抜け毛との間には、密接な関係があると指摘されています。

頭皮の血行が悪くなる

ヘルメットを被ることが、薄毛やはげのリスクを高める理由として、ヘルメットによる締め付けによって起こる、頭皮の血行不良が挙げられます。


血液は頭皮へ酸素や栄養、白血球などを送り届けていますが、血行不良が起こると頭皮にとって必要な栄養が不足し、頭皮環境を悪化させてしまいます。 頭皮環境が悪化すると、髪の毛が成長するための栄養も不足するため、薄毛やはげのリスクを高めるのです。


【関連記事】血行が悪いと薄毛になりやすい?毛細血管の重要性とは。

頭皮との摩擦が生じる

良好な皮膚の状態を保つためには、皮膚の乾燥と摩擦を避けることが重要です。


ヘルメットを継続的に被っていると、頭皮とヘルメットとの間に摩擦が生じてしまいます。 摩擦によって髪の毛が引っ張られると抜け毛のリスクを高めるだけでなく、摩擦による刺激自体が切れ毛を招くこともあります。ヘルメットを被る時には、ズレないようにしっかりと固定することも大切です。

ヘルメットがはげを防ぐこともある

ヘルメットがはげのリスクを高めることもありますが、一方で、ヘルメットを被ることが、薄毛やはげを予防するケースもあります。

様々な頭皮へのダメージから守る

ヘルメットを被ることで薄毛やはげを予防できる理由は、ヘルメットによって様々な頭皮へのダメージを防ぐことができることです。


ヘルメットはそもそも頭部を保護する目的で被るものであるため、しっかりと固定して着用することで、頭皮や髪の毛への外部からの刺激を防ぐことが可能です。 空気が乾燥する冬場には、ヘルメットを被ることで、頭皮を乾燥から守り、頭皮状態を良好に保つことも期待できるでしょう。

紫外線を防ぐ

ヘルメットを被ることのメリットとして、紫外線から頭皮や髪の毛を守ることが出来ることも挙げられます。


紫外線には物質を破壊する強力な力があるため、紫外線にさらされていると、髪の毛頭皮にダメージを負い、抜け毛や薄毛のリスクを高めることになりますが、ヘルメットを被ることで、そのようなリスクを下げることが期待できます。 また、現場作業をしていると排気ガスを頭皮に浴びることもありますが、排気ガスを浴びると皮脂が酸化し、頭皮環境の悪化に繋がる可能性があります。 ヘルメットを被ることで、排気ガスによるダメージから頭皮を守ることもできるでしょう。

ヘルメットによって起こるはげに有効な対策法

ヘルメットを被ることには頭部を衝撃から守るというメリットはありますが、長時間被り続けていると、頭皮環境の悪化を招くため、薄毛やはげのリスクを高めることになる可能性があります。


では、ヘルメットによるはげや薄毛のリスクを少しでも下げるためには、どのような対策を講じることが良いのでしょうか。

できるだけ長時間の着用を避ける

ヘルメットを被ることによる薄毛やはげのリスクを少しでも下げるために、できるだけ長時間の着用を避けることが大切です。


仕事などで着脱できない場合は仕方ありませんが、バイクでツーリングをしているような場合、パーキングなどで適宜休憩を取り、ヘルメットを脱ぐように心がけましょう。 ヘルメットを取って頭部に風を当てることで、頭皮の蒸れを防ぐことが期待できます。


また、長時間の締め付けによる血行不良を防ぐことにも有効です。 万が一、長時間ヘルメットを被り続けなければならない場合、インナーを活用し、通気性を良くするという方法も良いでしょう。

ヘルメットを清潔に保つ

ヘルメットによるはげを予防するためには、ヘルメットを清潔に保つことも大切です。


内装脱着タイプのヘルメットを利用している方は、インナーを取り外して濡らしたタオルなどを用いて、汚れを取り除きましょう。 洗うことも大切ですが、乾燥させることも重要です。生乾きになると、雑菌を繁殖させてしまう可能性があります。 また、日常的にヘルメットをかぶり終えたら、風通しの良いところに保管するよう心がけましょう。

インナーキャップを活用する

ヘルメットを長時間に渡って被る必要がある場合、インナーキャップを活用することも効果的です。


ヘルメットを被る前にインナーキャップを被ることで、ヘルメットを着用中の通気性を高めることが期待できます。 最近は吸汗速乾性の素材から作られたインナーキャップも販売されているため、活用すると良いでしょう。

頭皮を正しく洗う

ヘルメットによるはげのリスクを下げるためには、頭皮を清潔に保つことが重要であるため、頭皮を正しく洗う必要があります。


洗髪をする際には、指の腹でマッサージするように、頭皮を優しく洗うようにしましょう。 また、洗髪後はドライヤーを用いて、髪の毛と頭皮を乾かすことも大切です。

薄毛やはげのお悩みがある方は

仕事や趣味のためにヘルメットを被っているからといって、必ずはげや薄毛を引き起こすという訳ではありません。 ただ、ヘルメットを被り続けることで、頭皮に蒸れが生じたり、ヘルメットによる汗を処理できていなかったりすると、毛穴が詰まりやすくなり、薄毛に繋がる可能性もあります。


ヘルメットを被る機会が多く、抜け毛の量が気になっている場合や、頭皮トラブルにお悩みの方は、新宿AGAクリニックまでご相談ください。 抜け毛や薄毛の原因は様々なので、まずは専門のクリニックを受診することが大切です。 無料カウンセリングも行っておりますので、お気軽にご相談ください。 下記のリンクからご予約いただけます。


カウンセリングのご予約はこちらから



【監修者】

大藪顕(新宿AGAクリニック院長)

経歴

平成14年 大阪医科大学卒業

平成14年 大阪医科大学形成外科

平成16年 城山病院形成外科・美容外科

平成17年 大阪医科大学救急医療部(形成外科より出向)

平成18年 大手美容外科形成外科部長

多数の美容外科、形成外科で毛髪治療、植毛治療を経験

平成28年 新宿AGAクリニック院長

資格

日本美容外科学会専門医、日本麻酔科学会認定医、麻酔科標傍医、日本レーザー医学会認定医


  |