治らないM字はげの原因と改善方法について解説 | 新宿AGAクリニック
治らないM字はげの原因と改善方法について解説

治らないM字はげの原因と改善方法について解説

m字ハゲ 治らないM字はげは男性に見られる特徴的な薄毛で、AGAの発症に伴って起こるケースが多いとされています。髪の毛を下ろしていると気が付きにくいM字はげですが、気が付いたら進行していたというケースも少なくありません。

 

幸い、現在はAGAを病院やクリニックで治療できる時代となっています。Mじはげが治らないとお悩みの方は自分でできる改善方法を試すだけでなく、AGA治療を検討するのも良いかもしれません。

 

こちらの記事ではMじはげが起こる原因やM字はげの判断基準、およびクリニックにおけるM字はげの治療法をご紹介しています。M字はげに悩んでいる方は参考にしてみて下さい。

M字はげの基準は2センチ以上

M字はげの改善方法や治療法について解説する前に、まず、M字はげがどのような薄毛なのか知っておきましょう。M字はげの基準と合わせてご紹介します。

M字はげとは

M字はげは額が徐々に後退するタイプの薄毛ですが、真ん中の部分を残して、額の両サイドから後退するといった特徴があります。

 

その形がアルファベットのMに似ていることから、M字はげという名前で呼ばれるようになっています。 どちらかというと欧米の男性に多く見られるM字はげですが、日本人であってもM字はげになる方は少なくありません。

 

また、AGAと言った場合、遺伝をイメージされる方も多いでしょうが、M字はげに関しては、遺伝以外の原因で発症リスクを高めるケースもあります。

ハミルトン・ノーウッド分類におけるM字ハゲの基準

自分がM字はげになっているかどうかを確認するためには、M字はげの基準について知っておく必要があります。ところが、M字はげにはこれといった確定的な基準がありません。

 

そこで、AGAの状態を表すハミルトン・ノーウッド分類が用いられることとなります。ハミルトン・ノーウッド分類によると、おでこの後退している部分と耳の先と頭頂部を結んだラインの間が2センチメートル以上の場合はM字はげを発症していると考えられています。

 

もっと簡単な方法が、眉毛を思いっきりあげたときにできる一番上のシワを確認する方法です。一番上のシワと額の生え際の間が、指の幅3本分以上である場合、M字はげを発症している可能性があります。

 

昔の写真と比べてみるのも良いかもしれません。気になるようでしたら、現在の生え際の写真を撮影し保存しておき、進行がないか確認してみるのも良いでしょう。

前頭部後退の原因

額の両サイドが後退することからその名前が付けられたM字はげですが、なぜ前頭部が後退してしまうのでしょうか。

 

M字はげは遺伝によって起こるケース(AGA)と、髪型によって起こるケース(牽引性脱毛症)の2パターンがあると考えられています。

AGA(男性型脱毛症)

男性に見られるM字はげの原因として、AGAを発症していることが挙げられます。AGAは、英語のAndrogenetic Alopeciaを略したもので、日本では男性型脱毛症と呼ばれています。

 

AGAの発症には体内に存在する還元酵素、5α-リダクターゼの働きが深く関わっていると考えられています。5α-リダクターゼは前頭部や頭頂部に多く分布しているため、AGAを発症した場合はM字はげやO字はげになりやすいのです。

 

AGAは思春期以降に見られる脱毛症なのですが、進行型という困った特徴があるため発症が疑われる場合は速やかに対処することが求められます。

牽引性脱毛症

牽引性脱毛症(けんいんせいだつもうしょう)は、髪の毛の生え際や分け目が目立つようになる脱毛症の一種です。ポニーテールなどの髪型をしていると、牽引力が働いた箇所に抜け毛が生じやすくなります。

 

牽引性という文字から、髪の毛が引っ張られることで抜けるようなイメージを持たれるかもしれません。実際には、牽引力によって局所の血行不良を生じ、その結果として抜け毛のリスクが高くなります。

 

また、牽引性脱毛症は、同じ箇所で髪の毛を分けていても起こりやすくなります。

M字はげの3つの改善方法

M字はげは遺伝が原因となって起こることもあれば、日常の生活習慣などが原因となって起こることもあります。そこで、日常生活の中で、自分でできるM字はげ対策を3つご紹介します。

ヘアスタイルを変える

M字はげが気になる場合、ヘアスタイルを変えることが改善に繋がるケースもあります。例えばいつも同じ箇所で髪の毛を分けているのであれば、気分転換を兼ねて分け目を変えてみるのもよいでしょう。

 

髪の毛をいつも後ろで結んでいる場合、額の生え際に牽引力がかかり、牽引性脱毛症の発症リスクを高めることがあります。たまには髪の毛を結ばず、下ろしてみるのもよいでしょう。

 

また、普段から髪の毛をアップにしている方や、オールバックにしている方の場合はどうしても額の生え際が目立ちやすくなります。そのため、前髪を作るといった対策を行う手もあります。

生活習慣を見直す

M字はげへの対策法としては、日常の生活習慣を見直す方法も挙げられます。例えば日頃から栄養バランスの偏った食事をしていると、髪の毛の成長に悪影響を与え、M字はげのリスクを高める可能性があります。

 

また、睡眠不足やストレス状態が続いていると自律神経のバランスが乱れ、髪の毛の成長に悪影響を及ぼす結果となります。普段から適度に運動するなどして、睡眠の質を高め、ストレスを発散するように心がけましょう。

頭皮マッサージをする

M字はげへの対策法としては、頭皮マッサージをすることも挙げられます。日常的に頭皮マッサージを行い、頭皮を柔らかく保つことによって、髪の毛が生える土壌となる頭皮を良好な状態に保つことが期待できます。

 

また、頭皮マッサージを行った場合、毛穴が立ち上がるため、髪の毛のボリュームをアップする効果も期待できます。

 

頭皮マッサージを行う場合はお風呂などで身体を温めてからにするのが効果的です。指の腹で優しく頭皮を動かすようにマッサージし、血行を促進しましょう。

AGA専門クリニックでのM字はげ治療法

M字はげは髪型が原因となって起こることもあるのですが、男性の場合はAGAの発症に伴ってM字はげになることが少なくありません。

 

AGAは進行型の脱毛症であるため、早めに治療を開始することが重要です。AGA専門クリニックでは、次のような方法でM字はげの改善に取り組んでいます。

内服治療

AGA専門クリニックでは、内服薬を用いた治療を行っています。代表的な内服薬としては、プロペシアやザガーロがよく知られています。

 

M字はげの多くが遺伝によって起こり、その際に5α-リダクターゼと呼ばれる酵素が活発に働くことは先述した通りです。

 

プロペシアやザガーロには、5α-リダクターゼの働きを阻害し、抜け毛の原因となる有害物質の産生を抑止する作用が期待されています。

 

ザガーロは比較的新しいAGA治療薬であるため、ジェネリック(後発医薬品)がないのですが、プロペシアに関しては国内での特許期間が過ぎているため、安価なジェネリックを利用できるようになっています。

発毛、増毛、毛髪再生施術(メソセラピー)

AGA専門クリニックでは、メソセラピーと呼ばれる毛髪再生施術も行っています。頭皮下に髪の毛の成長因子(グロースファクター)を直接的に注入する施術法で、高い発毛効果が期待されています。

 

クリニックによってメソセラピーや毛髪再生メソセラピーと呼ばれたり、オリジナルの治療名が付けられたりしていますが、頭皮下にグロースファクターを注入するといった点では共通しています。

外用治療

AGA専門クリニックでは、外用治療(塗り薬)によるM字はげの改善にも取り組んでいます。代表的な外用薬としては、ミノキシジル外用薬が挙げられます。

 

ミノキシジルには局所の血行を促進し、髪の毛の成長をサポートする作用が期待されています。また、発毛シグナルを促進し、毛母細胞の分裂を促す作用も期待されています。

 

代表的なミノキシジル外用薬としては、大正製薬の発売しているリアップシリーズがよく知られていますが、リアップシリーズも特許期間を過ぎているため、製薬会社各社で様々なジェネリックミノキシジル外用薬が販売されています。

AGA治療に関するご相談なら

M字はげは、同じ髪型を続けることによって起こる牽引性脱毛症が原因となるケースもあれば、遺伝が原因となって発症するケースもあります。

 

特に男性の場合、遺伝的に5α-リダクターゼの働きが活発である場合、AGA(男性型脱毛症)を発症し、その結果としてM字はげになるケースがあります。 AGAは思春期以降に見られる脱毛症で、進行型という厄介な特徴があります。

 

そのため、AGAの発症が疑われる場合、できるだけ早めに治療を開始することが求められます。 新宿AGAクリニックでは、男性の薄毛だけでなく、女性に見られるM字はげの治療も行っています。カウンセリングは無料で行っていますので、まずはカウンセラーまでお気軽にご相談ください。

 

>無料カウンセリングのご予約はこちらから

 

【監修者】

大藪顕(新宿AGAクリニック院長)

経歴

平成14年 大阪医科大学卒業

平成14年 大阪医科大学形成外科

平成16年 城山病院形成外科・美容外科

平成17年 大阪医科大学救急医療部(形成外科より出向)

平成18年 大手美容外科形成外科部長

多数の美容外科、形成外科で毛髪治療、植毛治療を経験

平成28年 新宿AGAクリニック院長

資格

日本美容外科学会専門医、日本麻酔科学会認定医、麻酔科標傍医、日本レーザー医学会認定医

 


  |