毛乳頭細胞と毛の太さの関係

毛乳頭細胞と毛の太さの関係

髪の毛の太さはどのように決まるのでしょうか?

年齢を重ねると髪の毛は細くなり薄毛は進行します。

薄毛と髪の毛の太さには大きな関係があり

毛の太さは毛乳頭の数や、大きさと関係があると言われています。

 

毛乳頭細胞の働きが弱まると髪の毛が細くなり、薄毛が進行すると考えられています。

男性型脱毛症では前の毛周期に比べて、小さな毛芽が作られ毛包が小さくなっていく為だんだんと毛が細くなっていきます。

 

髪の毛にはサイクルがあり、成長期の段階では毛包付近に発達した毛細血管があり一定の太さを保ちます。

太い髪の毛には毛乳頭の中に血管が入りこんでおり、退行期に入ると毛細血管も縮小していきます。

【成長期のサイクルが短くなりヘアサイクルが乱れる事がAGAです。】

血管によって毛母細胞や毛乳頭に栄養が運ばれ、毛母細胞の細胞分裂により髪の毛が成長していくのです。

毛乳頭細胞の働きや血流がどれだけ大切かはもうおわかりいただけましたか?

 

リアップなどで名前が知られている発毛効果のあるミノキシジルは、血管内皮増殖因子【VEGF】の働きを強めてくれます。

新宿AGAクリニックでは、薄毛の進行のみられる患者様にミノキシジルの内服・外用を処方しております。

また栄養を補助するサプリメントの取り扱いもあり、症状や生活習慣などに合わせてオーダーメイドでの投薬を行っております。

症状に応じてメソセラピーの治療も行っており、

細胞分裂を促進させる成長因子にミノキシジルやフィナステリドをカクテルすることにより

短期間で大きく発毛効果を出す治療もございます。

 

ご自身で気を付けられる事もありますが、医学の力で薄毛の進行を食い止め発毛実感ができる時代です。

専門医によるオーダーメイドの治療をお勧めします。

 

 

 

 

 

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                               


  |