抜毛症(抜毛癖)の治療

抜毛症(抜毛癖)の治療

抜毛症(抜毛癖、トリコクロマチア)とは

抜毛症(抜毛癖、Trichotillomania)とは、正常な毛根を抜いてしまう癖の事を指します。れっきとした強迫神経症に類似する精神科領域の皮膚心身症疾患として認識されています。

女性の方が男性の10倍程度発症頻度が高く、10代~20代の若年層に多いとされています。発症頻度は意外と高く1%程度と言われています。また第一子に有意に発症率が高いと言われています。

脱毛巣は側頭部、後頭部、頭頂部に好発します。

 

抜毛症(抜毛癖)の原因

 

抜毛症(抜毛癖)の原因ははっきりわかっておりません、心理的ストレスが原因ではないかとされています。

抜毛症(抜毛癖)の症状

脱毛巣は不整で境界不明瞭なことが多く、不自然な脱毛斑を認めます。周囲の毛根は全く正常、脱毛巣内にちぎれた毛が散見されます。毛巣内の毛は黒い斑点で残っています。もちろん本人、家族への問診で診断は簡単ではあります。稀に円形脱毛症との鑑別を必要とします。食毛症の合併も認めます。

抜毛症(抜毛癖)の治療

 

精神科において以下の治療が行われております。

1)認知行動療法 

精神科領域では抜毛症や強迫神経症、うつ病他の精神疾患にも有用性が認めらている心理学的アプローチの治療方法です。

 

2)投薬治療 

SSRIなどの抗うつ薬の有用性があるとされています。

 

新宿AGAクリニックでの抜毛症(抜毛癖)治療。

 

新宿AGAクリニックでは精神科と連携を取りながら、まず抜毛症を根治していただいてから、長年の抜毛を繰り返すことによる薄毛に関しての発毛治療を行っております。抜毛期間が長ければ長いほど頭皮の炎症、瘢痕化が高度に起きてしまい治療が困難になってしまいます。投薬治療、外用治療、メソセラピー治療において良好な成績をおさめております。


  |  

半額モニターキャンペーン

1日2名限定!お早めに!

治療部位の撮影や同じ悩みをお持ちの患者様への資料などに使用・掲載させていただきます。
※個人名などプライバシーにかかわるすべての情報は一切呈示しませんので、ご安心ください。