分け目のはげは10,20代でも発症する?対策法と治す上でのポイント | 新宿AGAクリニック
分け目のはげは10,20代でも発症する?対策法と治す上でのポイント

分け目のはげは10,20代でも発症する?対策法と治す上でのポイント

分け目 はげ



最近、分け目の部分が目立つようになってきたと感じたり、周囲の人に言われたりして悩んでいる方もいるのではないでしょうか。


薄毛のタイプは様々ですが、分け目の部分から薄くなっていくことも少なくありません。 また、10代や20代の若い方であっても、分け目のはげができることはあるのでしょうか。


本記事では、分け目はげの原因や対策について、ご紹介します。

分け目はげの特徴は?10,20代でもなる?

分け目のはげは、壮年期や中年期の男性にみられるイメージをお持ちの方もいるのではないでしょうか。


では、10,20代の方でも分け目はげになるケースもあるのでしょうか。


ここでは、分け目はげの特徴について、ご紹介します。

若い方でも起こる

分け目はげは壮年期や中年期以降の方だけでなく、10,20代の若い方でも起こる可能性があります。


若い方に起こる分け目はげは、何らかの脱毛症を発症することが原因となって、起こるケースも多いです。


若い方でも、知らないうちに、分け目はげが進行している可能性もあるため、注意する必要があります。

男性も女性も発症する

分け目はげは、男性でも女性でも発症する可能性があります。


男性の場合は、にAGA(男性型脱毛症)の発症に伴って、分け目はげを発症するケースがあります。


女性の場合は、分娩後脱毛症や粃糠性脱毛症(ひこうせいだつもうしょう)によって分け目はげが目立つこともあれば、髪型が原因となって分け目はげを発症するケースもあります。

隠すのが難しい

分け目はげの厄介な特徴として、隠すことが難しいという点です。


仮に、額が徐々に後退してきた場合、前髪を下ろすことで対処するという方法があります。


頭頂部の薄毛であれば、オールバックの髪型にするなどして対処することも可能ですが、分け目は髪の毛が自然と左右に分かれる部分であるため、額や頭頂部にみられる薄毛と比べて、隠すことが難しいのです。

分け目はげの原因

分け目のはげが目立つようになると、実際の年齢よりも老けてみられる可能性もあり、防ぎたいと考えている方も多いでしょう。


では、なぜ分け目はげが起こるのでしょうか。


分け目はげの原因をご紹介します。

生活習慣

分け目はげが起こる原因としては、生活習慣の乱れが挙げられます。


具体的には、どのような生活習慣によって、分け目はげの発症リスクが高くなるのでしょうか。

過剰なストレス

分け目はげのリスクを高める生活習慣として、過剰なストレスが挙げられます。


ストレスが溜まってくると、自律神経のバランスに乱れが生じます。


自律神経のバランスが乱れると、血管が収縮するため、血液の循環が悪くなり、髪の毛の成長に悪影響を与えます。


これにより、髪の毛が十分に成長しきらなくなり、分け目部分のはげが目立つようになってくるのです。


【関連記事】薄毛の大敵!?5月病やストレスが薄毛に与える影響とは?

睡眠不足

睡眠不足も、分け目はげのリスクを高める生活習慣です。


人間の体内では寝ている間に成長ホルモンが分泌され、細胞分裂が活発に起こります。 髪の毛も毛母細胞が分裂することで成長しているため、睡眠不足の状態が続くと、髪の毛の成長に悪影響を及ぼします。


この結果、髪の毛が十分に育たなくなったり、育ち切る前に抜け落ちたりして、分け目部分のはげが目立つようになるのです。

食生活の乱れ

食生活の乱れにも注意が必要です。


髪の毛はタンパク質の一種であるケラチンからできているため、タンパク質の摂取量が不足すると、髪の毛の成長に悪影響を及ぼします。


女性に多い例として、過度のダイエットに伴う栄養不足です。


無理な食事制限をすることで、髪の毛に送られる栄養が不足した場合、女性でも分け目はげを発症する可能性が高くなります。

AGA

男性の場合は、AGAの発症によって分け目はげになることがあります。


日本皮膚科学会によると、AGAは思春期以降に見られる脱毛症とされています。 このため、思春期を終える10代の後半や20代の前半であっても、AGAを発症する可能性があるのです。


AGAは、進行性のある脱毛症であるため、早めに治療を開始することが大切です。

髪型

髪型によっては、分け目はげのリスクを高める原因になり得ます。


女性の場合、ポニーテールのような髪型をしていると、牽引力によって分け目の部分に血行不良が生じ、分け目はげを引き起こす可能性が高まります。


男性の場合も、いつも同じ箇所で髪の毛を分けていると、同じ箇所にばかり牽引力が掛かり、分け目はげの発症リスクを高めます。

分け目はげの対策法

分け目はげの原因は様々ですが、放置してしまうと進行するリスクが高くなります。


このため、症状を感じた場合、早めに対処することが求められます


分け目はげの対策法としては、次のようなことが挙げられます。

髪型を定期的に変える

分け目はげの対策法として、髪型を定期的に変えることが効果的です。


毎回、同じ箇所で分けていると、同じ箇所にばかり負担が掛かるだけでなく、ブラッシングによって分け目部分の髪の毛が抜けやすくなる可能性もあります。


髪の毛を切る際に、髪の毛の質や量について相談し、分け目が目立たない髪型にしてもらうのも良いでしょう。

バランス良く栄養を摂取する

分け目はげが気になる場合、バランス良く栄養素を摂取することも大切です。


髪の毛はタンパク質の一種であるケラチンから作られているため、日々の食事に良質のタンパク源を取り入れることが必要です。


また、頭皮環境を良好に保つためには、ビタミンB群やビタミンC、ビタミンEといったビタミン類を摂取することも大切です。

良質な睡眠をとる

分け目はげを予防したり、悪化を防いだりするためには、良質な睡眠をとることも重要です。


髪の毛は寝ている間に成長するため、ぐっすりと眠ることが、髪の毛の健全な成長を促し、分け目はげを予防することに繋がります。


睡眠の質を高めるためには、日中に適度に身体を動かし、夜はお風呂に浸かって心身をリラックスさせると良いでしょう。


また、スマホの見過ぎは睡眠の質を低下させるため、暗い部屋でスマホを見ることは避けましょう。

頭皮環境を整える

髪の毛が健康に成長するためには、頭皮環境を整えることも大切です。


頭皮が乾燥したり、皮脂が過剰に分泌したりすると、頭皮環境の悪化を招くため、分け目はげを発症するリスクが高くなります。


頭皮の乾燥は女性に多くみられるため、頭皮専用の保湿オイルなどを利用し、頭皮環境を整えることが重要です。


男性の場合は、皮脂の分泌量が増加することで、頭皮環境の悪化を招くことがあるため、頭皮を清潔に保つようにしましょう。

分け目はげを治す上で大切なこと

分け目はげができると、年齢よりも老けてみられてしまうだけでなく、進行する薄毛が目立つようになってしまう可能性もあります。


そこで、分け目はげを治す上で大切なことについて、ご紹介します。

できるだけ早めに対策を行う

まず、分け目はげが気になり始めたら、できるだけ早めに対策を行うことです。


分け目はげの原因は様々ですが、仮にAGAを発症することが原因で分け目はげになっている場合、早めの対処が必要です。


AGAにはその他の脱毛症とは異なり、進行型という特徴があるため、、できるだけ早めに対策を行う必要があるのです。


【関連記事】AGAの早期治療をおすすめする理由

症状が強い場合はクリニックを受診する

分け目はげがみられる場合、頭皮環境を整えたり、食生活を見直したり、定期的に髪型を変えたりすることが大切です。


ただし、分け目はげの症状が強くみられる場合は、薄毛治療専門のクリニックを受診するようにしましょう。


分け目のはげの原因は、それぞれの方によって異なるため、専門の医師によって原因を明確にし、最適な治療や対策を行うことが重要なのです。

分け目の薄毛が気になる方は

分け目の薄毛は、睡眠不足や栄養不足といった生活習慣や頭皮環境の乱れ、脱毛症など、様々な原因があります。


しかし、自分の分け目はげの原因が何であるかは、自分自身で判断することも難しいです。


このため、薄毛治療専門のクリニックを受診し、原因を明らかにするところから始める必要があるでしょう。 いつも同じ髪型をしていることが原因であれば、分け目を変えたり、髪型を変えたりすることで対処が可能です。


ただ、進行型の脱毛症であるAGAの発症が疑われる場合、早めに治療を開始することが重要です。


新宿AGAクリニックでは、薄毛や抜け毛などのお悩みに関して、無料カウンセリングでお応えしています。 分け目はげが気になる方は、一度、新宿AGAクリニックの無料カウンセリングまでご相談下さい。


>>無料カウンセリングのご予約はこちらから



【監修者】

大藪顕(新宿AGAクリニック院長)

経歴

平成14年 大阪医科大学卒業

平成14年 大阪医科大学形成外科

平成16年 城山病院形成外科・美容外科

平成17年 大阪医科大学救急医療部(形成外科より出向)

平成18年 大手美容外科形成外科部長

多数の美容外科、形成外科で毛髪治療、植毛治療を経験

平成28年 新宿AGAクリニック院長

資格

日本美容外科学会専門医、日本麻酔科学会認定医、麻酔科標傍医、日本レーザー医学会認定医


  |