40代男性 急激に進行した円形脱毛症の症例

40代男性 急激に進行した円形脱毛症の症例

初診時所見

 

40歳男性、急激に進行した円形脱毛症の患者様です。

 

あまりにも抜け毛がひどく、当院受診の1ヶ月前に皮膚科へ受診し内服薬と塗り薬を処方されるも抜け毛がおさまらずご来院されました。

 

過去にAGA治療でプロペシアの服用歴があり、当院でも円形脱毛症とAGAを併せて治療開始しました。

 

①フィナステリド・ミノキシジル内服

②ミノキシジル外用薬

③セファランチン

④ステロイド外用薬

⑤オーダーメイド局所免疫メソセラピー

治療1ヶ月目

 

治療開始から1ヶ月目のご来院で、急激に円形脱毛症が進行しました。

ご本人もかなりご不安になられておりましたが、円形脱毛症の場合このように治療中でも急激な進行がみられる事があります。

 

円形脱毛症の治療は、このように予後の推測が難しいケースが多く、治療をお断りしているクリニックがほとんどです。当院ではオリジナルのノウハウで、重症化した円形脱毛症にも積極的に取り組んでおります。

 

治療2ヶ月目

 

 

一度ほとんどの毛髪が抜け落ちましたが、治療開始2ヶ月で徐々に発毛がみられてきました。

このような状態になってくると、回復の光が見えてまいります。

 

円形脱毛症の回復初期は、毛根のメラニンがダメージを受けているため白髪で発毛してくることが特徴です。

治療開始3ヶ月目

 

 

まだ円形斑は残っていますが、順調に発毛しております。

ここまで発毛が見られると、完治まではあと一歩です。

治療開始6ヶ月目

 

発毛初期にみられた白髪も色を取り戻し、毛量もしっかりと戻りました。

襟足と耳の上部にわずかに密度の少ないエリアが見られるため、引き続き内服薬と外用薬だけは継続して頂きました。

 

たくさんの方と接するお仕事のため、かなりお悩みになられておりましたが、しっかりと発毛され大変お喜び頂けました!

 

 


  |