AGA治療、やめるとどうなる!?

AGA治療、やめるとどうなる!?

当院で処方を行っている、フィナステリド・デュタステリド、ミノキシジルの内服や外用薬、注入治療であるAGA発毛メソセラピーを併用することで、多くの方は3~6ヶ月で発毛効果を実感されます。

 

1年以上かけ、しっかりと治療を行えばほとんどのケースで薄毛症状に改善が見られます。

 

このように治療を行い、しっかり発毛の実感をして頂いた場合、その状態をキープしていくことがとても重要になります。

 

ご通院中の患者様には、維持治療の重要性をお話ししておりますが、発毛の満足感から自己判断で薬の服用を中断される方もいらっしゃいます。

 

そのような場合、数か月もすると「リバウンド」された状態でご来院されます。

 

ダイエットでよく耳にするリバウンドですが、AGA治療においてもリバウンドが起こりえます。

今回はAGA治療を中断するとどうなっていくか解説していきます。

 

— 目次 —

AGA治療はいつまで続ければ良いの?

AGAは進行性の為、治療を中断するとまた進行が再開します。

 

その為、AGA治療薬はご本人が「もう薄毛を気にしない」と仰る時まで続ける必要があります。

まずは、その理由について説明します。

AGAってどんな症状?

男性型脱毛症(AGA)の原因については研究が進み、治療法も確立されてきました。

 

AGAの原因は、男性ホルモンであるテストストロンに5α還元酵素という酵素が作用し、いわゆるDHT(悪玉ホルモン)が産生されます。

 

次に、その悪玉ホルモンが毛根に存在するレセプター(ホルモン受容体)に結合することで、成長期にあるヘアサイクルを退行期に誘導させる酵素が産生されます。

 

結果、成長期毛が減り、退行期、休止期の毛の数が増えて薄毛が進行していきます。

 

つまり、DHTが毛根に作用し、ヘアサイクルを乱すことで、髪が抜け落ちてしまうのです。
これがAGAが起きる仕組みです。

AGA治療について

AGA治療の基本は、進行を食い止める薬(フィナステリド・デュタステリド)と発毛を促進するミノキシジル内服・外用薬を組み合わせて行います。

 

それぞれ具体的な治療方法を紹介します。

AGAの進行を食い止める

AGAの進行を食い止めるには、AGAの原因となる悪玉ホルモンの産生を阻害する薬を使用する必要があります。

 

悪玉ホルモンであるDHTの産生を抑える薬には、フィナステリドやデュタステリドがあります。

当院ではどちらのお薬も処方が可能です。

 

◆フィナステリド◆

フィナステリドを摂取することで、5α還元酵素と男性ホルモンとの結びつきを防ぎます。

こうすることで、DHTが作られにくくなり、ヘアサイクルの乱れを抑制します。

抜け毛予防に効果を発揮します。AGA初期症状の方に適したお薬です。

 

デュタステリド◆

AGAの原因であるDHTを生成する5α還元酵素にはⅠ型とⅡ型があり、フィナステリドではⅡ型しか抑制できないのに対し、デュタステリドはⅠ型とⅡ型の両方の働きを抑える事ができます。

 

フィナステリドよりも高い効果が期待され、特に中等度以上の患者様に対しては標準的な治療薬となりつつあります。

発毛を促進する

市販の外用薬のCMでも耳にする事の多いミノキシジル。

ミノキシジルの持つ発毛促進効果とは一体どんなものなのでしょうか。

 

◆ミノキシジル◆
ミノキシジルは血行促進効果により、頭皮の血流を改アップし発毛を促す成分です。

ミノキシジルには内服薬と、頭皮に局所的に作用させる外用薬があります。

 

◆オーダーメイド発毛メソセラピー◆

発毛を速やかに促すには、各種の成長因子が必要不可欠です。
成長因子を補うことにより、止まっていた髪の成長サイクルを、正常化し発毛を実現します。
当院では、常に最新の医学研究の知見をもとに、最善の施術方法を採用しております。
メソセラピーを行うことにより、より早期の発毛を実現し、
最終的な発毛結果もさらに高い効果を期待できます。

 

発毛メソセラピーの詳細はこちら

AGA治療にゴールはあるの?

AGAは慢性疾患となるため、治療のゴールはありません。

つまり、AGAは放置しておくと進行の一途を辿るため、その進行を止め続ける必要があります。

 

治療をやめてしまうと、また進行が再開してしまいます。

 

毛量が安定すると自己判断でお薬を中断してしまう方もいらっしゃいますが、数か月後にお見えになったときには進行が再開してしまっています。

 

その為、ご自身がもう薄毛を気にしないという時まで維持治療については継続していく必要があります。

AGA治療は早めの対策と維持治療が大切です

AGAは進行性の疾患です。

その特徴から、放置機関が長く進行度が高まるほど回復に時間を要してしまいます。

その為、気になり始めたら早めの対策と改善後の維持治療がとても大切です。

AGA治療をやめるとどうなる?

リバウンドはダイエットに限った事ではありません。

AGA治療も、維持治療を中断し数か月もすれば元の状態に近い、もしくはより進行した状態にまで戻ってしまいます。

 

当院では、毛量の安定している患者様に対してお薬の飲み方の調整についてもアドバイスをさせて頂いております。

まとめ

AGA治療は根気よく継続していくことが大切です。

 

AGA治療薬や発毛メソセラピーで毛量を回復させ、並行して頭皮環境の改善や生活習慣の見直しを行うことで、薄毛治療と上手に付き合っていくことができます。

 

薄毛が進行てきたと感じたら、なるべく早め段階で発毛専門医にご相談下さい。

 

無料カウンセリングはこちら


  |