AGAについて

AGAとは?

AGAとは「Androgenetic(男性の)Alopecia(脱毛症)」の略称です。
日本語では、男性型脱毛症と訳します。

男性思春期以降に男性の頭髪は、特徴的に薄くなってくる方が多数みられます。
この三分の一の方にAGAが発症していると言われており、男性の薄毛の原因の95%がこのAGAであるということがわかっています。

症状は体質によりさまざまですが、皆に言えることは症状は進行性で抜け毛・薄毛がゆっくりと進行するのが特徴です。また、額の生え際や頭頂部の髪が薄くなります。AGAになると、毛包が十分に成長しないため、髪の毛が太く育たないうちに抜け毛として抜けてしまいます。
こういった症状を食い止めるためには、過去の育毛施策や増毛剤ではなく、医学的な治療が必要であることがわかってきました。

03

薄毛・抜け毛につながる、AGAの原因は?

04 AGAの主な原因としては、

親からの遺伝
男性ホルモンの分泌量

であるとされています。
最近の研究では、原因となるホルモンも特定されてきました。それがDHT(Dihydro Tsetosterone)というホルモンです。
DHTは、代表的な男性ホルモンであるテストステロンが、
細胞内で5αリダクターゼII型という酵素の働きにより変化することで生じます。
また、このDHTが毛乳頭細胞にある男性ホルモンレセプターと結合し、
発毛の抑制作用成分TGF-β1となるのです。この発毛抑制成分が、薄毛・抜け毛を引き起こしているのです。

AGAを食い止め、発毛を促す治療は?

AGAを食い止めるに、原因となるDHTを抑えれば良いということになります。逆にDHTを抑えなければ、薄毛・抜け毛は進行し続けることになります。
そのDHTを抑える薬がフィナステリドです。これは厚生労働省が認可した成分であり、皮膚科学会も推奨している医薬品となります。このフィナステリドは医師の指導の下、医療機関でのみ処方することが可能となります。要するに、クリニックで医師による処方が必要となり、その処方による内服治療なしでは薄毛を食い止めることは不可能ということになります。
こういう成分は増毛対策商品や育毛剤には含まれませんし、エステ、発毛サロンでは医療機関ではないため処方薬はもらうことはできません。

最近ではフィナステリド(プロペシア)よりさらにDHTを抑える薬剤としてザガーロ(デュダステリド)が発売になりました。フィナステリドで効果が不十分だった患者様、血液検査でDHTの値の下がりが悪い方に関しては、積極的にザガーロ(デュダステリド)の処方を行っており良好な結果を得ています。

当院ではフィナステリドはもちろん発毛作用のある薬剤成分、ミネラル、ビタミンなどを独自の経験とノウハウにより適切に組み合わせ、処方いたします。薄毛・抜け毛を食い止めるだけでなく、「発毛」及び「発毛後の維持」を患者様に最大限感じていただけるよう調整しております。

05

女性の薄毛(FAGA)について。

 

女性の薄毛(FAGA)は、年齢は40代後半以降の方に多く見られ、全体的(びまん性)であることが多いと言われています。しかし、最近では20~30歳の方にもみられるようになってきました。

原因に関しては、男性の薄毛(AGA)と違い。女性ホルモンの減少、ストレス、食生活、頭皮の硬化、無理なヘアスタイル、過度のヘアケア、喫煙など様々です。十分な問診と検査により原因を突き止める必要があります。

 治療としては、ミネラル、ビタミンの補充療法、ミノキシジル内服、ミノキシジル外用、オーダーメイドFAGA発毛メソセラピーなどを組み合わせ、食事、生活指導も行い、ほとんどの方を発毛に導くことが可能になってきました。


半額モニターキャンペーン

月末まで10名限定!!

治療部位の撮影や同じ悩みをお持ちの患者様への資料などに使用・掲載させていただきます。
※個人名などプライバシーにかかわるすべての情報は一切呈示しませんので、ご安心ください。