プロペシア(フィナステリド)、ミノキシジル内服のやめ時は?

プロペシア(フィナステリド)、ミノキシジル内服のやめ時は?

 

プロペシア(フィナステリド)、ザガーロ(デュタステリド)、ミノキシジル内服を開始して、ミノキシジル外用、メソセラピーなどを併用して3~6か月で、発毛を実感。1年もすればかなり良くなってきます。6か月で効果が顕著であった方は3年後5年後も効果がさらに上がってくることが統計で実証されています。しかし発毛を実感した、達成したのち内服薬はどうしたらよいのでしょうか?

 

プロペシアやザガーロ、ミノキシジルは一生飲み続けないといけないのか?

一定の結果が出てきた患者様は、やはり内服なくなったらいいな、、というお話をよくいただきます。新宿AGAクリニックとしては、以下の方針でお勧めしています。


プロペシア、ザガーロはできるだけ継続していただく。


薄毛はテストステロンが還元酵素の作用によって毛根を攻撃してしまうDHTにより毛根を攻撃してしまうことにより起こります。DHTの産生を抑えるプロペシア、ザガーロを服用中止してしまうと、DHTが再度産生されてしまい、薄毛の進行が進んでしまいます。
元々プロペシア、ザガーロは前立腺肥大などの疾患で相当多くの方が慢性疾患として長期服用している薬剤ですので、安全性は非常に高く安心して服薬していただけます。
薄毛、AGAに関しても遺伝的体質による慢性疾患ですので、気長な気持ちで付き合っていただいております。プロペシア、ザガーロは遺伝的体質を変えるお薬ではなく、あくまで悪玉ホルモンの産生を抑える薬なのです。


ミノキシジル内服は減量の相談をしながら徐々に減量していく。


ミノキシジルに関しては毛根の血流改善し毛を太く、たくましくしていく薬剤です、こちらは数年間の服用である一定の改善を認めると、徐々に減薬していけるケースが多いです。(中には頭皮の血流が一気に悪くなり抜け毛が増えてしまう方もおられますが、、、)

もちろん子づくり、まれな副作用などで継続が難しい患者様もいらっしゃいますので、患者様のご要望、ライフスタイルにあった投薬メニューを提案させていただいております。

 

急にプロペシア、ザガーロ、ミノキシジル内服をやめるとどうなるのか?

新宿AGAクリニックの患者様の中には、急に服薬を中止してしまう方がおられます。結果は、皆さま大体一か月ほど恐ろしいほどの脱毛を認める方が多いです。中には「振り出しに戻る」的な抜け毛を体感する方すらいらっしゃいます。
写真はわかりにくいかもしれないですが、、実例を
37歳男性の方です、この方は他院で6か月プロペシアを内服されていましたが、効果不十分で当院でフィナステリド、ミノキシジル内服、ミノキシジル外用、オーダーメイドメソセラピーを開始した方です。
来院時(プロペシア6か月内服時)

内服すべてやめて一カ月後

本人の実感として猛烈な抜け毛を実感して怖くなって来院されました。再度内服再開しました。

治療再開4カ月後です


かなり回復してきました。

プロペシア、ザガーロ、ミノキシジルの急な投薬中止は危険


ドクターの管理下で処方される、プロペシア、ザガーロ、ミノキシジルの内服の自己中止は非常に危険です、せっかく出たうれしい結果を無駄にしてしまいかねません。必ず処方したクリニックに相談の上減薬、休薬をしてもらうのが大事です。新宿AGAクリニックでは患者様のライフスタイルにあった休薬、減薬の提案を心がけております。


  |  

半額モニターキャンペーン

1日2名限定!お早めに!

治療部位の撮影や同じ悩みをお持ちの患者様への資料などに使用・掲載させていただきます。
※個人名などプライバシーにかかわるすべての情報は一切呈示しませんので、ご安心ください。