AGAの悪玉ホルモン、DHTの検査で判ること。

AGAの悪玉ホルモン、DHTの検査で判ること。

 

男性型脱毛症(AGA)、薄毛治療において非常に重要な悪玉ホルモンであるジヒドロテストステロン(DHT)の検査を当院では行っております。いったい何故DHTで薄毛は進行してしまうのでしょうか?

 

DHTはどうやって産生されるのか?

 

DHTは、精巣で産生された男性ホルモンのテストステロンから産生されます。テストステロンは性欲増強や性器の形成、筋肉質な身体の形成、ヒゲや脇などの体毛の生成のほか、男らしい思考など、男らしさのホルモンと言えます。毛髪をむしろ太くする成長させる作用もっており、直接の薄毛の原因となることはありません。毛乳頭、皮脂腺に存在する5αリダクターゼ(還元酵素)がテストステロンに作用することによりDHTを生成します。5αリダクターゼには1型と2型があり、1型は脂腺に多く存在し、2型は毛乳頭に多く存在します。特に2型の5αリダクターゼが薄毛に関連していると言われています。

 

DHTは、なぜ薄毛を引き起こすのか?

 04

DHTはアンドロゲンレセプターという受容体に結合します。(このアンドロゲンレセプターの影響の受けやすさは遺伝すると言われており、AGAの遺伝的要因の大きなところとされています。遺伝子検査で知ることができます。)アンドロゲンレセプターに結合したDHTにより、TGF-βという髪に有害なサイトカインを産生します。TGF-βは「退行期誘導因子」と言われ、毛髪の正常な成長サイクルを狂わせて、成長期を短縮、退行期、休止期の毛根の数を増やしてしまいます。また、毛母細胞死(アポトーシス)も起こすと言われています。

 

DHTを下げることができる薬剤、プロペシア。

 05

プロペシア(フィナステリド)は5αリダクターゼ(還元酵素)の2型をブロックすることにより、DHTの産生を減らします。ザガーロ(デュタステリド)は5αリダクターゼ(還元酵素)の1型と2型の両方をブロックすることができます。より強力な効果を得ることができます。プロペシアで満足いった結果が出ない方は、ザガーロ(デュタステリド)に変更してみるのも良いということです。

 

DHTの血中濃度検査の経過をしっかり追うことが重要です。

 

DHT検査の基準値は0.2~1.00ng/mlです。1.0ng/mlを超えると非常に頭皮にとってよくない状態です。基準値内であったとしても、アンドロゲンレセプターの感受性が高い遺伝的体質の方は薄毛になってしまいます。ですので、薄毛の症状が重要となってきます。プロペシア(フィナステリド)は5αリダクターゼをブロックすることにより血中DHT濃度を下げることができます。約50パーセント程度は下げてくれます。それにより薄毛の進行を食い止めることができます。新宿AGAクリニックでは、プロペシア(フィナステリド)服用前と後でのDHTの値を比較することにより、ちゃんと薬効が出ているのかを数値で提供しております。DHTの下がりが悪い場合は、プロペシアの内服量の増量やザガーロ(デュタステリド)に変更し再度DHTの値を追っていきます。納得のいくDHTの値になるまでしっかり経過を追うことが、良い発毛結果を生む秘訣です。


  |  

半額モニターキャンペーン

1日2名限定!お早めに!

治療部位の撮影や同じ悩みをお持ちの患者様への資料などに使用・掲載させていただきます。
※個人名などプライバシーにかかわるすべての情報は一切呈示しませんので、ご安心ください。