紫外線による髪の毛へのダメージについて

紫外線による髪の毛へのダメージについて

近年、皮膚に対する紫外線の有害性は広く知られるようになりましたが、頭皮や髪のUVケアはどうでしょうか?夏場はもちろん、頭皮と髪は一年中紫外線にさらされています。あまり知られていませんが、紫外線ダメージは薄毛にも影響します。今回は「紫外線が及ぼす薄毛への影響」についてお伝えしていきます。

紫外線の頭皮、髪へのダメージ

紫外線は太陽から届く光の一種で、目に見える可視光線、暖かさを感じる赤外線、そして目に見えない光線が紫外線となります。紫外線は非常に強力な光線で、浴びすぎると日焼けによるシミやシワの増加、また皮膚がんの原因にもなりえます。このような紫外線を浴びて起きる老化を光老化といいます。特に頭頂部は日光を浴びやすい場所なので紫外線の影響をもっとも受けやすく、日焼けなど頭皮へのダメージが心配されます。直射日光など強すぎる日差しで火傷状態になる恐れもあります。

強い紫外線で頭皮が炎症を起こすと、毛根もダメージを受ける可能性が高いです。毛根へのダメージが抜け毛や薄毛に繋がる恐れもあります。同時に、髪の毛の表面を覆っているキューティクルもダメージを受けています。紫外線でダメージを受けるとキューティクルが傷つき、水分が失われてパサつきが目立ちやすくなります。髪の毛から水分がなくなり細い髪になると、髪のボリューム全体もダウンして薄毛に見られやすくなります。

また、紫外線は肌にダメージを与えるだけでなく、活性酸素を増加させる原因にもなります。活性酸素は体を酸化させる為、シミの増加やコラーゲンの減少など老化現象とも関わっている物質です。活性酸素で体が老化すると髪を作る毛母細胞の働きも弱まり、抜け毛や薄毛を招くことが考えられています。薄毛以外にも白髪になる可能性もあるとも言われています。

紫外線は男性ホルモンを増やす!

さらに気になるのが、AGAとも密接な関係がある男性ホルモン(テストステロン)を増やす作用があるという驚きの事実です。テストステロン自体は脱毛を招きませんが、毛乳頭の還元酵素によって脱毛ホルモンであるDHT(ジヒドロテストステロン)に変換されると、抜け毛が増える可能性があります。

脱毛ホルモンであるDHTが毛包内の毛乳頭細胞のレセプターと結合すると、毛母細胞が弱ってしまい、ヘアサイクルの成長期が短縮されます。ヘアサイクルが短くなると抜け毛の数も増えてしまい、やがて薄毛へと進行していく恐れがあります。

UVケアは頭皮、頭髪にも必要

このように、紫外線は頭皮や髪のダメージ、活性酸素の増加など様々な薄毛を招く要因となります。顔や体だけでなく頭皮や髪もUVケアをして、紫外線による薄毛を招かない対策をする事が大切です。日傘や帽子、UVケアスプレーといった紫外線防止アイテムを活用しましょう。まだあまり浸透していませんが、男性で日傘をさす人も増えています。ただし適度に日光を浴びることは必要です。日光を浴びることで毛髪の成長に良い影響を及ぼすビタミンDが生成されます。適度な紫外線であればこのような良い効果も期待できますが、過度な紫外線を浴びることは薄毛には要注意です。

日々の生活の中で、紫外線を避けることはできません。過度な紫外線は薄毛の原因の一つになりえますが、その他にも様々な要因があります。それらの要因に対する根本的な改善には早めのAGA治療が効果的です。髪の毛は見た目の印象を保つ以外にも、紫外線などの外部刺激から頭皮を守ったり、適度な皮脂分泌など頭皮を良好な状態に導く役割も果たしています。

薄毛が進行すると、毛髪が持つ良い機能が果たせなくなってしまい、頭皮環境がどんどん悪くなってしまいます。頭皮を守る毛髪が減ることでより頭皮のダメージが進み、結果さらに薄毛が進行するという悪循環に陥ります。
このような心配が出てきたら、早めに専門医へ相談し大切な毛髪を守りましょう。


  |